どこでも買えるような印鑑を実印として登録することは避けるべき

意外とスムーズだった印鑑証明

母の遺産相続手続きに実印と印鑑証明が必要になったと、父親から私に連絡がありました。何も考えずに近くの市民センターへ行き、印鑑証明を発行してもらいました。恥ずかしながら、その印鑑証明を父に渡したときにようやく気づきました。夫の印鑑証明ではなく、私個人の印鑑証明が必要だったのだと。 ネットで少し調べると、就職、結婚、出産等、人生の節目で実印を作る方が多く、実店舗で購入するよりも今はネットで購入する方が多い印象でした。しかし今まで私は、実印作成を考えたことなどありませんでした。実印は一家に一本、旦那が持っていればいいだろう、ぐらいの気持ちでした。先に、実店舗で印鑑を手に取り、材質や価格を調べていた妹のおかげで、私は大変な思いをすることなく、妹から紹介してもらったネット販売している印鑑市場でスムーズに注文することができました。 実は、これだけネット環境が普及したとはいえ、さすがに印鑑作成は実店舗の方が安心だろうと思っていて、妹に相談をしたのです。材質が同じならば、ネットの方が断然安いとのことでした。 注文後、半日もすると「早速作業に入らせていただきます」とメールが来ていました。すでに妹が注文し、商品、お店の対応の良さは聞いていたので、不安はありませんでした。 これから届く私の実印。書体はお任せにしたので、非常に楽しみです。

想いがこめられた印鑑

女房と結婚する際、印鑑をもらった。実印などに使用するようないかにも立派で高価そうな印鑑一式だった。なぜ、結婚するタイミングで印鑑をプレゼントしてくれたのか聞いてみると、彼女がよく人生において相談事をしている、いわば恩師のような存在の人が、自分が結婚をするという事で作ってくれたものなのだそうだ。 印鑑、ましてやいかにも実印にするようなものはそれまで自分で買ったことがなかった。一応印鑑登録はしている印鑑はあったけれど、それははずかしい話だが成人式でもらった三文判のような印鑑だったと記憶している。それだけ印鑑というものに対する思い入れというか感覚が軽かったということだ。 女房からプレゼントされた印鑑を作ってくれたはんこ屋さんに二人で結婚後挨拶に行った時、ご主人から女房を私に託す親心に近いものを感じる話を聞くことができた。彼女は決して丈夫な方でなく、幼いころから目や内臓疾患の傾向があり、苦労していた。そのようなプロフィールを持つ女房の気持は人知れず、いや本人にしかわからないものが多々あると思う、それをしっかり受け止めて幸せな人生を作っていってほしいと。だからその願いを込めた印鑑だったのだと。 魂をこめて作った印鑑。だから大切に使わなければいけないし、安易な取り扱いをするといい人生はやってこないよ!と心を込めた願いだった。

100均で買える印鑑は実印として有効か?

実印とは、自身の住民票がある市区町村の役所や役場に、自身の戸籍上の姓名を記載した印鑑を登録し、受理された印鑑のことをさします。 したがって、正式に受理されたものであれば、どんなものでも実印として有効であるため、100均で購入したものであっても、実印として登録することは可能です。しかし、100均で購入したものを実印として登録することは避けたほうが良いです。 実印は印鑑の中で最も重要なものであり、法律上や社会上の権利・義務が発生するような場合に使用します。具体的には不動産取り引き、遺産相続、自動車取り引き、電話の取り引き、保険金や補償金を受領する際、公正証書の作成・金銭その他貸借証書・契約書に使用します。 もし、万が一、自身の実印を100均で購入したもので登録し、他人がその事実を知った場合、どのようなことが起こってしまうのか容易に想像ができます。不動産であれば所有権の書き換えが可能になりますし、遺産相続や保険金、補償金に関しては他人であったとしても受け取ることができてしまいます。 このように100均や量販店で販売されている印鑑を実印として登録すると、様々なリスクがあります。値段の高いものを実印にする必要はありませんが、どこでも買えるような印鑑を実印として登録することは避けるべきです。

印鑑には様々な種類があり、用途によって使い分けることが大切です。どれをどのように使えばよいか分からないという方も、専門店に行けばきちんと教えてくれるので、印鑑を購入するときなどは気軽に相談してみましょう。一生使うものでもあるので、お店の人と仲良くなっておくというのも重要ですね。

PICK UP

印鑑の種類

印鑑の種類には、認印・銀行印・実印の3種類の印鑑があります。これはあくまで、個人での印鑑の話です。法人になると角印など出てきますが、この3種類の印鑑ですが、違いは知っているでしょうか。認印はそこまで重要ではない書類の印鑑です。要は、私が認めました!と言う時に使います。銀行印は言葉の通り、銀行口…

More

RECENT POSTS

印鑑とはかなり重要な道具です

どんな人にとっても印鑑とはかなり大事な道具になっています。特に実印は法的にも強い効力があります。様々な契約や約束事の時に捺す印として使われるようになっています。では、印鑑にはそんな効…

Read More

印鑑の購入時期と購入場所について

私達夫婦が印鑑を作ったのは、最初は認印を一般の印房で購入しました。それを銀行印に使用していました。私の親類がなくなった時に実印が必要で近くの印房へいきましたが、連休があり仕上がりは1…

Read More

実印を作成した際注意した事

初めて車を購入し、自分名義に書類の作成をする事になった際に初めて印鑑を作りました。近所にも沢山はんこ屋さんはありましたが、インターネット上で色々な情報を収集し、結局地方のはん…

Read More

NEW ARTICLE