どこでも買えるような印鑑を実印として登録することは避けるべき

印鑑の種類

印鑑の種類には、認印・銀行印・実印の3種類の印鑑があります。これはあくまで、個人での印鑑の話です。法人になると角印など出てきますが、この3種類の印鑑ですが、違いは知っているでしょうか。認印はそこまで重要ではない書類の印鑑です。要は、私が認めました!と言う時に使います。
銀行印は言葉の通り、銀行口座の登録印鑑になります。なので、認印とは分けて作る方が大半です。そして実印ですが、意外に作ったことない。って言う方いませんか?
そもそも、実印ってなに?と思っている方はいませんか?実印とは個人・法人ともに、重要な契約時などに使う印鑑です。なので、役所に届けている正式な印鑑という事になります。
ではどのような時に使うのか。基本的には、家や自動車を買う時の売買契約書はすべて、実印です。そして、賃貸物件の契約にも実印は必要です。そして相続時にも実印は使われます。実印を押すときは、印鑑証明も同時に必要になりますので覚えておいてくださいね。因みに、印鑑証明とは、個人の実印の証明書です。氏名と印相が書かれています。そして、最後に、印相の事を書いておきます。印鑑を作る時、銀行印・実印の場合は、印相を考えてくれる所もあります。そして。銀行印・実印には印鑑の頭の記が付いていない場合が多いです。これは、印鑑を押す時に、もう一度ゆっくり考えてから押印する様に、印相を見るために付けていないのです。

PICK UP

印鑑の種類

印鑑の種類には、認印・銀行印・実印の3種類の印鑑があります。これはあくまで、個人での印鑑の話です。法人になると角印など出てきますが、この3種類の印鑑ですが、違いは知っているでしょうか。認印はそこまで重要ではない書類の印鑑です。要は、私が認めました!と言う時に使います。銀行印は言葉の通り、銀行口…

More

RECENT POSTS

印鑑とはかなり重要な道具です

どんな人にとっても印鑑とはかなり大事な道具になっています。特に実印は法的にも強い効力があります。様々な契約や約束事の時に捺す印として使われるようになっています。では、印鑑にはそんな効…

Read More

印鑑の購入時期と購入場所について

私達夫婦が印鑑を作ったのは、最初は認印を一般の印房で購入しました。それを銀行印に使用していました。私の親類がなくなった時に実印が必要で近くの印房へいきましたが、連休があり仕上がりは1…

Read More

実印を作成した際注意した事

初めて車を購入し、自分名義に書類の作成をする事になった際に初めて印鑑を作りました。近所にも沢山はんこ屋さんはありましたが、インターネット上で色々な情報を収集し、結局地方のはん…

Read More

NEW ARTICLE